no game no life

アニメ・ゲーム等、日本のオタクカルチャーを中心にきまぐれにつぶやきます

【所感】機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

はるすです

昨年からずっと追いかけてきましたが…先週の6月11日よりようやく劇場公開が始まりました『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイガンダムファンのみなさんはもう鑑賞なさったでしょうか?わたしは公開初日に行って参りました(*'ω'*) 連日Twitterのタイムラインを騒がせている通り我々の想像の域を遥かに超えた映像作品となっておりとても面白かったし感動致しました。多少の差異はあるものの今回は小説上巻をほぼトレースした感じになっており小説を読了している自分としては映像になるとこうなるんだなって感慨深いものがありました。劇中ハサウェイは常に周囲を警戒しながら行動しているシーンが多々あります…一応彼はマフティーで活動するテロリストの一人ですから地球上での行動は慎重でなくてはなりません。しかも敵陣のすぐ近くまで潜り込んでるんですから、スーツケースをチェックするシーンなどはセリフはなくともハサウェイの現状況をしっかり表現していてとても緊張感があり良かったです。この部分においては原作小説を知らない方が観たら不自然な動きをするなと感じるかと思いますが常に監視されていると考えて観なおすと違和感がなくなるかと思います。また、作品全体を見てもアニメ作品として今までに無い表現方法を用いており、写実的とは言いすぎですがMS戦の臨場感やコックピットからみたリアルな風景は新しい映像体験で作品のグレードを押し上げたように感じました。みなさんが興奮するのも頷けると思います。それと、クスィーガンダムのコックピットの操縦席は非常に興味深かったです。νガンダムのオマージュがあったような気がします。特に手の部分の丸いレバーなんかそうで、これはアームレイカーというみたいです。ギギに関してはカワイイ等とても人気がある感じですが私は正直この子ちょっと怖いなと感じました苦笑…特に目力があってアップのシーンは怖いです。ケネスは随所に大人の怖さ、したたかさが見え隠れしていてしっかりキャラが立っています。その他マフティーのメンバー達もそれぞれキャラが立っておりモブ感が出ていないのは作り手のうまさを感じます。さすがベテランの制作陣が揃った作品だなと感じました。他、TwitterのTLを観ているとガンダム知らない人が観ても楽しめる?というコメントを結構見掛けますが答えは「イエス」です。まだ三部作の1本目なので途中感はありますがお話の構成はそんなに複雑ではありませんから観やすいと思います。正直ファンの方でも作品の全てを分かってる人なんていません。何となく面白いな、カッコいいなで入って追々過去作を観たりして理解していけば良いかと思います。ただ、直近の作品として『逆襲のシャア』は直接的な繋がりが随所にある作品なので観ておく事をオススメ致します。また、公式サイトには『宇宙世紀年表』のPDFがあります。併せてご覧になってみてください♪

f:id:hals_game_player:20210421135908j:plain

f:id:hals_game_player:20210421140222j:plain

映像も然る事乍ら本作は音楽もすばらしく澤野さんの楽曲はとてもカッコいいです。冒頭の『Möbius』や中盤の『TRACER』等はそれぞれのシーンにとてもマッチしていると思います。クスィーのテーマ曲『XI』は鳥肌ものです♪ サントラは各ミュージックサイトでも購入できますが先行Blu-rayのよくばりセットにも入っています。

追々回想で語られると思いますがアナハイム・エレクトロニクスの秘密工場でクスィーガンダムを隕石偽造して降下させる準備やハウンゼンに搭乗する以前の地球でのテロ活動等は最近発行されましたコミックスのエピローグにて描かれております。小説、コミックス、映画、色々なメディアに触れる事でより作品を理解できて楽しめると思います。映画館へ観に行った方ならもう購入したでしょうか?先行でBlu-rayも発売されていますので是非購入して家でも楽しみましょう♪お布施は次回作の糧になります。どんどん投資していきましょう笑 後、今回の作品ですがよく小説『ベルトーチカ・チルドレン』の続きなのか劇場版『逆襲のシャア』の続きなのかTwitterのTLを見てると情報が錯綜しておりますが公式の情報では小説『閃光のハサウェイ』を原作(ベース)とした劇場版『逆襲のシャア』の正統なる続編と言われています。これが意味するものは何なのか…皆さんご存じの通り『閃光のハサウェイ』の結末はかなり衝撃的なものです。その為、改変があった場合は結構な物議を醸す事が予想されますが…私はどちらかと言うと結末は変えてほしい派なので今の時代に見合ったストーリーを望みます。以前ガンダムエースの記事で小形Pが誰も観たこと無い結末になるとのコメントを残しています。サンライズ的にはアニメ作品が正史です。

f:id:hals_game_player:20210620002541p:plain

f:id:hals_game_player:20210620002532j:plain

f:id:hals_game_player:20210620002536j:plain

最後のエンディング曲 [Alexandros]『閃光』ですが映像を観る前に曲だけ聴くと明るいイメージがして本作の重い内容にマッチするのかなと思ったのですが…そんな心配は不要でしたね…ハサウェイ帰還からエンディング曲への流れはもうバッチリ合っていて作品が良い感じに纏まりました。ほんとにカッコいい曲です。英語版もいい!

アニメック ガンダム40周年記念号』に閃光のハサウェイ誕生秘話が書かれております。現株式会社KADOKAWA代表取締役執行役員Chief Anime Officerの井上 伸一郎氏が当時ニュータイプ編集部に在籍していた時代に『逆襲のシャア』を観た後、ハサウェイのその後が気になった事がきっかけで富野監督に直接交渉したのが始まりです。富野監督自身もこの企画を待っていたかのような感じだったようです。主役機のクスィーガンダムをミノフスキー・クラフト搭載機とする案や新武装のファンネル・ミサイルも井上氏のアイデアでこれを富野監督は快く受け入れてくれたとの事です。クスィーやペーネロペーのデザイン発注も井上氏の根回しによるものです。後、驚きなのは小説とはいえガンダム作品でありながらサンライズが一切ノータッチで進んだ企画との事でほんとうに好きにやれたと語っています。また、当時はSDガンダムが人気でもう新しいガンダム作品は作られないかもという噂があったのは知りませんでした。後々、色々なガンダム作品が誕生しますが…それはまた別のお話し…詳しくは本誌を読んでみて下さい。

f:id:hals_game_player:20210623101919j:plain

併せてこれも読んでほしいです。地球連邦政府ニュータイプの存在を認めていません。アクシズショックなどのオカルト現象などもなかった事にしています。更に危険思想を持つ人物は幽閉、又は消していくスタンスです。ガンダムユニコーンサイコフレームは完全に封印されました。ミネバやリディは政治的な側面で戦っています。閃光のハサウェイと直接の繋がりは無いかもしれませんが、腐敗した連邦政府の実情を垣間見れるかと思います。


【コミック】機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男
逆シャア後のブライトさんのストーリーです。
f:id:hals_game_player:20210623101916j:plain

【コミック】機動戦士ガンダムUC episode EX2 獅子の帰還
ラプラス事変”終結後、リディ・マーセナスのストーリーです。
f:id:hals_game_player:20210623101912j:plain

▼2021/06/22 最新ロングPV公開!

f:id:hals_game_player:20210627211006j:plain

f:id:hals_game_player:20210627211016j:plain

f:id:hals_game_player:20210627211013j:plain

f:id:hals_game_player:20210627211009j:plain

©KADOKAWA CORPORATION 2021

© 創通・サンライズ