TOKYO @ SUBCULTURE

漫画・アニメ・ゲームを中心に東京のオタクカルチャーを写真で綴ります

【ワルキューレの冒険 時の鍵伝説】ナムコ ミュージアム オブ アート 番組

はるすです

バンダイナムコスタジオ制作による番組「ナムコ ミュージアム オブ アート」 の第9回目が YouTubeにて公開されております。ビデオゲームの「キービジュアル」アートを中心に旧ナムコの名作ゲームを紹介した番組です。2021年5月以降しばらく更新がなかったのですが久しぶりに最新動画がアップされました。

今回の作品は… 『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』です。

ワルキューレの冒険 時の鍵伝説は、1986年8月1日にナムコ から発売されたファミリーコンピュータアクションロールプレイングゲームです。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」の第17弾として発売されました。

f:id:hals_game_player:20210912085348p:plain

f:id:hals_game_player:20210911223148p:plain

以降はAC版、PCE、PS、Wii U3DS、携帯アプリ他と様々なハードに続編やスピンオフ、リメイク版が展開されました。現在はNintendo Swich(ナムコットコレクション)版にてすぐプレイできる環境があります。1980年代頃からは【ドルアーガの塔】の 『カイ』『イシター』、【ワンダーモモ】の『モモ』他、魅力ある女性主人公キャラクターが多く登場し始めた時代でした。この辺りはバンナムアーカイブにある『ナムコギャルズヒストリー』をご覧ください。是非この機会にワルキューレシリーズを遊んでみてほしいと思います。以下、関連動画、記事をリンクしておきます。

バンダイナムコスタジオの公式Twitter
© BANDAI NAMCO Studios Inc.
© BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
© ミライ小町プロジェクト

 

▼【INSIDE】関連記事
----------------------------
『ワルキューレの冒険』8月1日で35周年─心踊るモチーフでジャンルの黎明期を支え、ドット越しに美少女を見たあの日…!ファミコンソフト『ワルキューレの冒険』が、本日8月1日で35周年を迎えました。ジャンル、パッケージ、モチーフのすべてが、、当時のゲームとしては非常に斬新で、心に残る一作でした。

▼【ファミ通】インタビュー記事
----------------------------
『ギャラクシアン』や『ワルキューレ』など、ナムコ往年の名作キービジュアルはこうして救われた。バンダイナムコスタジオによるアーカイブの取り組みを聞く

▼【4Gamer.net】関連記事
----------------------------
[CEDEC 2020]キービジュアルの原画は……えっ,捨てた!? 手書き原画の発掘と保存,そして価値を伝えるバンダイナムコのセッションをレポート

 

▼ Blog アーカイブ
----------------------------

第8回【スティールガンナー】
第7回【バラデューク】
第6回【スプラッターハウス】
第5回【ボスコニアン】
第4回【源平討魔伝】
第3回【ワンダーモモ】
第2回【ゼビウス】
第1回【ギャラクシアン】