TOKYO @ SUBCULTURE

漫画・アニメ・ゲームを中心に東京のオタクカルチャーを写真で綴ります

アキバ感電デンキ × THE AKIHABARA CONTAiNER POP UP STORE U-JIN GIRLS "AKIBA ANGEL"

はるすです

秋葉原で密かに話題のアキバのアパレルカルチャー『アキバ感電デンキ』のポップアップストアが期間限定で『THE AKIHABARA CONTAiNER』にて2022年7月30日(土)~8月9日(火)まで開催されました。『アキバ感電デンキ』はアダルトゲーム黄金期1990年代の様々なPCゲーム『同級生』『ドラゴンナイト4』他、成人漫画やアニメ作品とコラボしたアパレル商品や各種グッズを販売しているお店です。ポップアップストアはヨドバシAKIBAのすぐ横でしたが、実店舗が結構近くにあってJR秋葉原駅横の中央通り沿いドン・キホーテの向かい側の通りにあります。また、インターネット生まれの音楽ジャンル「※ヴェイパーウェイヴ」の世界観を表現した別店舗がラフォーレ原宿にあります。今回のポップアップストアでは漫画家『遊人』先生関連のアパレル商品を中心に代表作品の原画展示もありとても貴重なイベントでした。最終日ギリギリで写真に収めましたので以下にアップ致します。世代だった方に刺さるかと思います。 扱っている商品内容から客層は男性が多いと思われるようですが、どこかの取材記事の情報ではお客さんの男女比は4:6と女性客が多いそうです。また、店内はアダルトでアンダーグラウンドな雰囲気をコンセプトにされてますが、マイノリティなマニア向けではなく誰でも入れる健全なアパレルショップですと誤解のないよう記しておきます。お店のジャンルとしてはわたしが良く記事にします中野にある『墓場の画廊』や『謎の店』に近いかもしれませんね。どちらも昔のゲーム、漫画とコラボした商品を扱っていてとても面白いお店です。『アキバ感電デンキ』の実店舗の雰囲気などは店舗レビューしていらっしゃるYouTube番組 アキバノトリコ さんの動画を貼っておきます。いつか実店舗も行ってみようと思っています。

Wikipediaより : ヴェイパーウェイヴ(Vaporwave)とは、2010年代初頭にWeb上の音楽コミュニティから生まれた音楽ジャンルです。過去に大量生産されて忘れ去られた人工物や技術への郷愁、消費資本主義や大衆文化、1980年代のヤッピー文化、ニューエイジへの批評や風刺として特徴づけられています。これらのアプローチはファッションやアートにも派生していきました。

 

アキバ感電デンキ

Twitter

Instagram

 

▼アキバのトレンド・カルチャー番組

 

▼漫画家 遊人 公式サイト・Blog

 

▼同級生リメイク公式サイト・PV

『同級生』は 1992年12月17日にエルフから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームです。2021年2月26日に『同級生リメイク』として復活しました。パッケージ版・ダウンロード版があります。※PC版のみ

同級生リメイク 公式サイト 

※ご注意、サイトは18歳未満観覧不可

 

▼店内風景 ※2022年8月9日撮影

© INDOR inc.

 

▼アキバ感電デンキ

店舗:ラフォーレ原宿店 4F

住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6