TOKYO @ SUBCULTURE

漫画・アニメ・ゲームを中心に東京のオタクカルチャーを写真で綴ります

【渋谷モディ】南国少年パプワくん POP UP SHOP in マルイ

はるすです

前回のクリィミーマミに続いて今回も私が大好きな懐かしいアニメ作品のポップアップショップをご紹介。9月3日(土)から渋谷モディにて開催中の『南国少年パプワくん POP UP SHOP in マルイ』へ行って来ました。南国少年パプワくんは今年の10月でアニメ化30周年を迎えます。4月にはコンプリートBD-BOXも発売されました。会場にはパプワくん、イトウくん、チャッピー、タンノくん、シンタローの等身大!?ポップがあります…やっぱり大きい苦笑 パプワくんの面白さはパプワ島に住む変な生物(ナマモノ)がしゃべったり、ガンマ団が送る刺客との闘いが見物です。会場には原作者 柴田亜美先生のサイン色紙も展示されていますのでファン必見でございます。等身大ポップの方にもサインがあるので探してみて下さい。グッズの種類も豊富でトートバッグ良いなと思いました♪ 渋谷モディでの開催期間は9月12日(月)で終了ですが、9月23日(金)から町田マルイ、10月29日(土)からは国分寺マルイにて随時開催されますので、近隣のファンの方は是非行ってみて下さい。以下、店舗写真や関連サイトを貼っておきます。

南国少年パプワくん

柴田亜美先生による月刊『少年ガンガン』連載の南国ギャグ漫画のアニメ作品。1992年10月~1993年10月の期間全42話放送されました。続編の『PAPUWA』も後にアニメ化されました。

ストーリー

殺し屋組織・ガンマ団から、ナンバーワン構成員のシンタローが、謎を秘めた“秘石”を奪い逃亡した。シンタローはやがて孤島・パプワ島に辿り着き、謎の少年パプワと犬のチャッピーに遭遇する。シンタローは彼らの訳の分からない強さの前に屈服し、秘石も取り上げられて下働きの身分にされてしまう。おまけにこの島には、人の言葉を話す巨大カタツムリなど奇天烈な生物(ナマモノ)が住んでいた。パプワくんと生物たちに翻弄されるシンタロー、そこにガンマ団の個性豊かな刺客たちがやって来る!※文章引用公式サイトより

柴田亜美staff 公式Twitter

 

▼コンプリート BD-BOX

 

▼月刊 少年ガンガン 公式サイト

 

▼店内風景 ※2022年9月7日撮影

©NIPPON ANIMATION CO., LTD. All rights reserved.